米Hewlett-Packerd米Intelは6月13日,Intelの64ビット・プロセサ・アーキテクチャIA-64用のLinux上で動作するアプリケーションを作成/テスト/デバッグするための開発キットIA-64 Linux Developer's Kitの配布を開始した。両社のWebサイト(こちらまたはこちら)から無償でダウンロードできるほか,WebサイトでCD-ROMの郵送を申し込むことも可能だ。

 開発キットは,(1)HP IA-64 Linux Simulator(Skiと呼ぶ),(2)IA-64 Linux NUE Environment(NUE),(3)IA-64 Linux File System,で構成される。ダウンロード・サイズは合計約96MBだが,(1)~(3)を個別にダウンロードすることもできる。

 (1)は,現在のx86用Linux上で,IA-64プロセサの動作をシミュレートするもの。PentiumIIIなどのIA-32(x86)マシン上でIA-64用に書かれたプログラムを実行し,テスト/デバッグすることができる。ステップ実行や設定したブレークポイントでの中断もサポートする。ただ,Itanium(Intelが2000年中に投入する予定の64ビット・プロセサ)などの特定のプロセサのマイクロ・アーキテクチャ・レベルではなく,IA-64の命令レベルでシミュレーションを行うため,パフォーマンス・チューニングなどには向かない。

 また,ユーザー・モード,システム・モードの二つの動作モードを用意しており,ユーザー・プログラム(アプリケーション)だけでなく,システム・プログラムもテストできる。ユーザー・モードの場合,アプリケーションのシステム・コールの呼び出しは,IA-32用Linuxカーネルのシステム・コールに変換され,IA-32用カーネルで実行される。システム・モードでは,IA-64 Linuxカーネルのコードも含めてシミュレータで実行される。

 (2)のNUE(Native User Environment)は,IA-64用のコンパイラ,リンカー,アセンブラ,ライブラリおよび実行環境をセットにしたもの。IA-32マシン上に,IA-64 Linux上で開発を行う場合とほぼ同等の開発環境を実現できる。(3)は,(1)のSkiをシステム・モードで実行する際に,IA-64 Linuxカーネルがルート・ファイル・システムとして使用するファイル・システムである。IA-64カーネル用のデフォルトの設定ファイルも付属する。

 今回HPとIntelがシミュレータを無償で提供したのは,IA-64 Linux用アプリケーションの開発/移植を今から加速しておくことで,今後投入するItaniumおよびそれを搭載したサーバー・マシンをスムーズに普及させることが狙いとみられる。IA-64用Linuxは,gcc/g++などの開発ツールも含めて米Red Hatなどによるディストリビューションが始まっている。また米SGIも5月15日に最適化機能を持つC/C++/Fortran 90コンパイラとライブラリをオープンソースにしている。