ニチメンデータシステムは10月16日から,Webアプリケーション向けのテスト・ツール「WebLoad」を出荷開始する。開発元は米RadView Software。当初は英語版のみを出荷するが,2001年3月までにマニュアルやGUIを順次日本語化して提供する予定だ。

 WebLoadの最も大きな特徴は,最大20万の仮想ユーザーを生成して実際の稼働環境をシミュレートする「負荷テスト」とアプリケーションの処理が正しく実行されたかどうかを検証する「機能テスト」の両方の機能を備え,かつ同時に実行できること。これにより,ユーザーからのアクセスの負荷が低い状態では見つけづらいようなWebアプリケーションの問題も発見できるようになる。たとえば,ニチメンデータが手掛けたWebアプリケーションの開発案件でWebLoadを試行したところ,Webサーバーに大きな処理負荷をかけたらサーバーでメモリー・リークが発生した。WebLoadのテスト結果を基に問題を分析したら,サーバー機専用のメモリー・モジュールを使っていなかったことが原因だと判明したという。

 WebLoadは,ユーザーがアクセスに使う回線速度やブラウザの種類,サーバーのマルチスレッドやキャッシング,SSL暗号化,SSLビット長といったテスト環境を,マウスで指定するだけで設定できる。このほか,テスト・マシン,テスト内容,仮想ユーザー数などを指定するテスト・シナリオも,WebLoadのウィザードに従うだけで作成できる。テスト内容の詳細を定義する「テスト・アジェンダ」は,Webブラウザ上でユーザーが操作した内容を基に,WebLoadがJavaScriptを使って自動生成できる。専用言語を使ってテスト・アジェンダを記述する他社製品と比べて,アジェンダの作成方法を習得しやすく,カスタマイズもしやすくなる。

 価格は150万円(仮想100ユーザー)から。動作環境は,テストを指示して結果を参照するコンソールがWindows 95/98/NT 4.0/2000。仮想ユーザーを生成するロードジェネレータはWindows NT 4.0/2000,Solaris 2.6以上で動作する。
(小野 亮=日経Windows2000)