マイクロソフトは,「Windows Services for NetWare 5.0」日本語版を10月20日に発売した(該当サイト)。NetWareサーバーをWindows NT/2000 Serverに移行する,あるいはWindows NT/2000 ServerとNetWareサーバーを混在させるときに利用する。現行の「Services for NetWare」の後継製品で価格は2万9800円。

 同ソフトをWindows 2000 ServerやWindows NT Server 4.0に導入すると,NetWareサーバーと通信して各種機能が使えるようになる。Windows 2000 Serverでは,ノベルのディレクトリ・サービスNDSとActive Directoryの双方向同期などをサポートする「ディレクトリ同期サービス」,セキュリティを維持したままNetWareサーバーのファイルをWindows 2000と相互にコピー可能な「ファイル移行ユーティリティ」などが利用できる。

(干場 一彦=日経Windows2000)