PR
 NEC,日立製作所,三菱電機の3社は10月31日,米Intelの64ビット・プロセッサ「Itanium(アイテイニアム)」のパイロット・リリース版を搭載するサーバーやワークステーションを,特定のユーザー向けに提供開始することを明らかにした。来年前半を見込む正式出荷に向け,アプリケーション開発やシステムの移行評価などが本格化する。

 NECは,16プロセッサを搭載するItaniumサーバー「AzusA」(開発コード)と,4プロセッサ構成のサーバー機,および2プロセッサ構成のワークステーションを,30社のユーザーや主要ソフトウエア開発会社に向け11月から提供を始める。OSは,64ビット版WindowsとHP-UX,Linuxの3種類。

 日立は,Itaniumを8個搭載するサーバーの出荷を開始した。OSは64ビット版WindowsまたはLinuxを搭載する。パイロット・リリースの提供先の第1号は,茨城日立サービス。統合CAE(Computer Aided Engineering)ソフト「HICAD/CADAS」および鋳造解析シミュレータ「ADSTEFAN」の64ビット環境への移植や評価を行うという。

 三菱電機は,最大2プロセッサ構成の比較的小規模なサーバーをパイロット・リリースする。Webシステムのフロントエンド・サーバーの用途を主なターゲットとしている。厚さ4U(約13cm)のラックマウント型サーバーと,タワー型サーバーを提供する。

 米Intelはこれまで,特定のハードウエア,ソフトウエア・ベンダー向けに約6500のItaniumプロトタイプ・システムを提供してきた。今後は「パイロット・リリース」,「プラットフォーム・リリース」というフェーズを経てItaniumを市場に導入していく。今回のパイロット・リリースは,アプリケーション開発や移行評価などの目的で,特定ユーザーに限定して提供する。

 プラットフォーム・リリースでは,より幅広いユーザーにも提供を始める。「パイロット・リリースのフェーズは4~6カ月。一般への提供は2001年第1四半期から第2四半期になる」(インテル日本法人のJohn Antone社長)という。

 マイクロソフトは,Itaniumのパイロット・リリースの開始に合わせ,Windows 2000の次期版OSをベースにした64ビットWindowsの提供を始めることを明らかにしている(該当サイト)。
(森重 和春=日経Windows2000)

(IT Pro注:関連記事
NEC,日立,三菱がItanium搭載サーバーの評価機出荷開始
NECや日立など、Itanium搭載サーバーの評価機
NECの発表資料へ
三菱電機の発表資料へ
日立製作所の発表資料へ