ボーランドは7月9日,ソフトウエア開発ツールの新版「Delphi 6 日本語版」を発表した。7月25日に出荷を開始する。DelphiはPascalベースのオブジェクト指向言語「Object Pascal」の開発環境。Webサービス構築のための各種標準仕様に対応し,Webサービス技術を使ったアプリケーションをビジュアル環境で開発できるようにした。また,クロス・プラットフォーム環境への対応を強化したのも特徴の1つ。既に出荷を開始したLinux版のObject Pascal開発環境「Kylix(カイリックス)」と互換性のあるライブラリ「CLX(Component Library for Cross Platform)」を搭載しており,Delphi 6で開発したCLXアプリケーションのソース・コードをKylixでそのままコンパイルできる。

 Webサービスへのアクセス機能「WebSnap」では,WSDL(Web Services Description Language)で記述したWebサービスの仕様を読み込ませると,そのサービスに対応したオブジェクトを自動で生成する。このオブジェクトの機能は,ローカルで動作するオブジェクトと同じように利用できる。開発者はインターネットへのアクセス方法を意識する必要がない。

 ボーランドは今回のDelphi 6の販売に当たって,大胆な戦略に出たことも特筆すべきことだ。製品パッケージは「Delphi 6 Enterprise」(36万円),「同Professional」(6万8000円),「同Personal」(4800円)の3種類あり,このうち学習者向けエントリ版であるPersonalをWebサイトからも無償でダウンロードできるようにするという。ダウンロード・サービスは9月までに開始する予定。ただし,Personalには,データベースやWebサービスの開発機能はない。同社はJava開発環境である「JBuilder」の学習者向けのエントリ版を同じく無償でダウンロードできるようにして,ユーザー数を増やした実績がある。

斉藤 国博=日経Windows 2000