文化オリエントは7月17日,印刷/印刷プレビュー用ActiveXコントロールVS-VIEW 7.0Jの上位版「VS-VIEW 7.0J Reporting Edition」を発表した。開発は米ComponentOne。2001年8月28に出荷を開始する。

 同製品は,書式付きの文章や表,図形などの印刷/印刷プレビュー機能を持つActiveXコントロール「VS-VIEW 7.0J」に,帳票作成ツール「VSReportデザイナ」や,バーコード印刷が可能な「バーコードコントロール」などを加えたエディション。旧版に当たるVS-VIEW 7.0Jは,VS-VIEW 7.0J Classic Editionに名称が変更された。

 Reporting Editionに追加されたVSReportデザイナは,マイクロソフトのデータベース・ソフトAccessと同様に,GUIで帳票レイアウトを作成できるのが特徴。VS-VIEW 7.0Jではプログラムを書く必要があった。ここで作成した帳票レイアウトの定義ファイルを,Visual Basicから参照することで,印刷機能を持つアプリケーションを作成できるようになる。

 VSReportデザイナは,Accessで作成したレポート(帳票)をインポートすることも可能だ。パラメータ・クエリーやサブ・レポートといったAccessのレポートが持つ機能も利用できる。逆に,PDF(Portable Document Format)やRTF(Rich Text Format),HTML(Hypertext Markup Language)といったファイル形式にエクスポートすることも可能である。

 サポートする開発ツールは,Visual Basic 5.0/6.0日本語版,Visual C++ 6.0日本語版,Internet Explorer 4.01以上。価格は9万8000円。Visual Studio 6.0の次期版Visual Studio.NETにも対応する予定。

(小野 亮=日経Windows 2000)