PR

 日本BEAシステムズは8月1日,Webアプリケーション・サーバーの新版「WebLogic Server 6.1J」を発表した。

 新版の最大の目玉は,SOAP(Simple Object Access Protocol)をはじめ,WSDL(Web Services Description Language)や,UDDI(Universal Description Discovery and Integration)をサポートしたこと。WSDLはWebサービスの提供機能を記述するための言語仕様。UDDIはWebサービスのディレクトリを検索する仕組みである。自社サイトで公開するWebサービスを開発するだけでなく,他のサイトのWebサービスを取り込んだWebアプリケーションも開発可能になった。既存のJ2EE(Java2 Enterprise Edition)アプリケーションをWebサービス化することも可能である。

 旧バージョンはEJB 2.0,JMX(Java Management eXtension)など,J2EE 1.3の一部しか対応していなかったが,新版はJ2EE 1.3に完全対応した。Windows 98/NT 4.0/2000,Linux,Solaris上などで動作する。出荷開始は8月31日から。価格は1プロセッサあたり198万円。

(小野 亮=日経Windows 2000)