コンパックコンピュータ(本社:東京都品川区)は2001年10月15日,PCワークステーション「Compaq Evo Workstationファミリ」の新製品として,2GHzのPentium 4/Xeon搭載機など4機種を発表した。エントリ機の「W4000」と「W4000 SF」を新たに発売するとともに,上位機の「W6000」と「W8000」にも新モデルを追加した。全機種ともOSはWindows 2000/NT4.0のいずれかをプリインストール。出荷開始は,W4000が10月下旬,他の3機種が11月上旬の予定。

 W4000は,CPUに2GHzのPentium 4,チップ・セットに「845」を採用。メイン・メモリーは512MB(最大1.5GB),HDDは40GBのUltra ATA/100,DVD-ROMドライブを内蔵する。価格は26万円。グラフィックス・コントローラはオプションで,NVIDIA Quadro 2 MXR,Matrox Millennium G200 4Xなど5種類から選択できる。

 W4000に比べて小型のきょう体を採用した省スペース機W4000 SFは,1.5GHzまたは2GHzのPentium 4を搭載。最小構成で,1.5GHzのPentium 4,256MBのメイン・メモリー(最大1.5GB),40GBのUltra ATA/100 HDD,CD-ROMドライブ,グラフィックス・コントローラとしてQuadro2 EX-LPを搭載し,価格は17万円。

 上位機のW6000とW8000の新モデルは,2GHzのXeonを最大2基搭載可能。W6000はミニタワー型,W6000は拡張性の高いきょう体を採用。ともにグラフィックス・コントローラはオプションで,3Dlabs Wildcat II 5110,Matrox Millennium G200 4Xなど8種類を用意する。W6000は,最小構成で2GHzのXeonを1基,512MBのメイン・メモリー,40GBのUltra ATA/100 HDD,CD-RWドライブなどを搭載し,価格は40万8000円。W8000は,同じく2GHzのXeonを1基,512MBのメイン・メモリー,18GBのUltra 160 SCSI HDD,CD-ROMドライブなどを搭載して50万5000円。

 このほか,W4000とW4000 SFの2機種には,ストリーミング配信用コンテンツ作成などの用途を想定したアプリケーション・パッケージ「Adobe Digital Video Collection」を同こんするモデルも用意した。動画エフェクト・ソフト「After Effects 5.0」,動画編集ソフト「Premiere 6.0」,画像編集ソフト「Photoshop 6.0」,イラスト作成ソフト「Illustrator 9.0」を搭載する。

(平野 亜矢=ニュース編集部)