日立製作所は11月28日,Windows 2000 Advanced Serverを搭載したフォールト・トレラント(無停止)サーバー「HA8000-ft/100D」を発売した(該当サイト)。Windows 2000を搭載する無停止サーバーを提供するのは,NEC,日本ストラタス,東芝,日本IBMに続いて国内5社目。

 HA8000-ft/100Dは,プロセッサやメモリー,ハードディスクといったCPU/入出力モジュールをすべて2重化し,ハードウエア間で同期処理を実行して無停止運転を実現する。構成部品の障害発生時には,サーバーの運転を継続したまま,障害部品の切り離しと交換作業が可能だ。サーバー本体は,高さ8Uサイズ(約36cm)のラックマウント型である。

 1CPUモジュールに搭載するプロセッサはPentium III-800MHzの2プロセッサ構成。メモリーは最大2Gバイト(標準512Mバイト)。入出力モジュールのハードディスクは最大108Gバイト(標準36Gバイト)。100BASE-TX/10BASE-T対応のLANカードも2重化している。価格は416万6400円から。

 HA8000-ft/100Dに対するサポートは,新たに開設された「日立ソリューションサポートセンター」が受け持つ。同社のハード/ソフト製品の問題解決支援や各種問い合わせ窓口を一本化したもので,無停止サーバーを使ったシステム構築や保守・運用など,システム全般のサポート・サービスを提供する体制を整えた。

(菅井 光浩=日経Windowsプロ)