PR

 トレンドマイクロは12月4日,WebアクセスをURL単位で制御するフィルタリング・システム「InterScan WebManager Windows 2000版」の出荷を12月11日に開始すると発表した。Solaris版とLinux版は2001年8月に出荷を開始している。

 Webサイトを30カテゴリに分類したデータベースを搭載しており,カテゴリごとにアクセスを禁止するかどうかを設定できる。カテゴリは薬物や成人向けサイトのほか,掲示板やチャット機能を持ったサイト,その他一般的な娯楽情報のサイトなどを含む。ユーザーがデータベースをカスタマイズすることも可能。エンドユーザーを複数のグループに分け,グループごとに異なる制御ルールを適用したり,同じグループでも時間帯によって適用するルールを切り替えたりできる。

 価格は1年間のデータベース保守契約料金込みで23万8000円(30アカウント)から。教育機関向けの割引や複数年の保守契約による割引サービスも用意する。

(斉藤 国博=日経Windowsプロ)