日本マックストアは12月11日,本体の厚さ1U(約4.5cm)で最大記憶容量が640GバイトNAS(Network Attached Storage)サーバー「MaxAttach NAS 4300」を発表した(該当サイト)。最大データ格納容量640Gバイトはこのサイズでトップ・クラス。12月末の出荷を予定する。

 MaxAttach NAS 4300は,LANに直接接続して利用する一種のファイル・サーバー。Microsoftのアプライアンス・サーバー向けOSである「Windows Powered OS」を搭載する。Windowsのデータのほかに,UNIX/LinuxやMacintosh,NetWareといった異なるOSのデータを共有/管理できる。

 NASに格納したデータの更新履歴(世代)を保存・管理する「スナップショット」機能が付属する。本機能を利用すれば,ある時点で保存したディスク・イメージの状態にデータが復元できる。最大250個のスナップショットが保存できるほか,スナップショットのスケジューリング機能も備える。

 搭載ディスク容量は,640Gバイト(160Gバイト×4)と480Gバイト(120Gバイト×4)の2モデルを用意。RAID 0/1/5に対応する。10BASE-T/100BASE-TX対応のLANポート×2とギガ・ビット・イーサネット・ポート×1を備える。機器の設定や管理は,Webブラウザを利用してリモートから行える。価格は未定。

(菅井 光浩=日経Windowsプロ)