アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は,1月30日,米MobileWebSurfが開発したWebページ変換ソフト「WorldCruiser」を3月20日から販売すると発表した。Webサイトを運営しているユーザー向けである。パソコンで表示するのに適したWebページを作成しておくだけで,iモードやPocketPCなどのモバイル端末ユーザーも閲覧できるようになる。

 モバイル端末向けにWebで情報を提供する場合,従来は,Webコンテンツの記述言語や画面の表示領域が異なるため,それぞれの端末に合わせたWebページを用意する必要があった。そのため,コンテンツ制作や管理に手間がかかっていた。WorldCruiserを使うと,パソコン用のWebページを用意しておけば,コンテンツの中身を解析し,リアルタイムでコンテンツを変換して送信できるようになる。

 画像の縮小や減色も自動で処理する。1つのWebページを複数に分割して送信することも可能。JavaScriptを使ったWebページは,WorldCruiserがインストールされているサーバーでJavaScriptを実行した後に画面を送信する。

 WorldCruiserで変換したコンテンツの見栄えを改善するカスタマイズ・ツール「Customizer」が別途用意されている。モバイル端末で表示できないWebページにジャンプしないように,リンクを非表示にしたり,メニューを表示する順番などを変更できる。

 WorldCruiserの価格は,ライセンス料が28万円(同時接続10ユーザー),年間サポート料金が4万2000円。稼働OSは,Windows NT/2000 Server,Linuxなど。

伊藤 康生=日経Windowsプロ