ヤマハは5月16日,VPN(Virtual Private Network)とVoIP(Voice over IP)機能を搭載したブロードバンド・ルーター「RTA55i」,「RT56v」の2機種を発表した。外出先からインターネットを経由してオフィスにあるマシンのデータを安全に取り出すなどのインターネットVPNを構築できる。また,同製品のユーザー間は,電話料金なしにインターネット経由の音声通話が可能になる。

 VPNの対応プロトコルはPPTP(Point to Point Tunneling Protocol)。暗号化プロトコルはRSAのRC4だ。業界標準になりつつあるIPSecを使わなかったのは,「PPTPのほうが簡単に扱えるから」(ヤマハ)という。

 VoIPの対応プロトコルはSIP(Session Initiation Protocol)。IP電話の通話を開始/終了するときに利用するプロトコルだ。Windows XPにも搭載されており,注目されている。SIPを使えば,音声は無圧縮でPHSと同じ64kビット/秒でクリアな通話ができる。2機種ともアナログ電話機を接続するためのTELポートを用意しており,一般電話機が利用可能だ。RT56vはLINEポートも搭載しており,1台の電話機で一般のアナログ通話とインターネット通話ができる。

 RTA55iは5月下旬に,RT56vは7月下旬に出荷予定。どちらも価格はオープン。なお,同社の従来製品の一部はファームウエアのアップデートでVPN,VoIPに対応できる。

(小野 亮=日経Windowsプロ)