米国では7月中にも64ビット版Windowsサーバーの最新版「Windows Advanced Server Limited Edition version 1.2(以下,LE)」がリリースされる見込みだ(日本国内は8月)。米Microsoftによれば,LEは2002年末にも完成予定の次期版Windowsサーバー「Windows .NET Server」のプレビュー版という位置づけだという。今回のアップデートでは,7月8日に出荷が始まったばかりの米IntelのItanium 2プロセッサへの最適化が行われている。

 Microsoftのコーポレート副社長であるBill Veghte氏は先ごろ開催された,Windows .NET Serverのレビュワーズ・ワークショップで「64ビット版のWindowsサーバーで,より大規模なソリューションを用意できることになる。Itanium 2システムでは最大256Gバイトまでのメモリーをサポートするほか,64ビット版のDatacenter Serverでは最大32個のマルチプロセッサをサポートする予定だ」と語っている。「Limited Edition(限定版)」と名付けられているように,現在のプレビュー版は特定のサーバー・メーカーのみに向けて出荷されているが,最終的にはItanium 2ベースのソリューションを扱うあらゆるメーカーやベンダーに向けて出荷するという。

 MicrosoftはLE以外の製品についてもItanium 2をサポートしていく予定だ。LEの正式版といえる「Windows .NET Enterprise Server 64-bit Edition」に加え,ワークステーション向けには64ビット版Windows XPの新版「Windows XP 64-bit Edition version 2003」を2003年初頭にリリースする。Advanced Serverの上位製品であるDatacenter Serverは,まず32ビット版の「Windows Datacenter Server Limited Edition」を今年中に完成し,次いで64ビット版の「Windows .NET Datacenter Server 64-bit Edition」を2003年初頭にリリースする。

 一部でベータ・テストが始まっている64ビット版の「SQL Server 2003」についても対応作業を進めている。Microsoftのエンタープライズ・マーケティング戦略を担当するグループ・マネージャのBarry Goffe氏によれば「SQL Server 2003はサーバー製品の中でWindows .NET Serverに次いで重要な製品と位置づけている」という。

(訂正)上の記事で当初,64ビット版のDatacenter Serverを2002年中に完成させると報じましたが,これは32ビットOSである「Windows Datacenter Server Limited Edition」のスケジュールでした。Windows Datacenter Server Limited EditionについてはMicrosoftのWebサイトも参照してください(該当サイト)。