PR

 もれ伝わってきたPalladium計画は,次期Windowsの「Longhorn」(開発コード名)に追加予定のさまざまな機能うち,明らかになった最初の1つである。最近もう1つ明らかになったのは,開発コード名「Avalon」という新しいプログラミング・インターフェースである。

 このAvalonでは,Office XPのタスク・ペインと同様にスタート・メニューと一体化した,より直感的で使いやすいユーザー・インタフェースになっている。しかし,Office XPで採用したユーザー・インターフェースをいろいろな製品で使っていくということは,Microsoftがずっと言い続けてきたことで特に新しい話ではない。Longhornで新しいのは,物理的な位置に関わらずデータを自由に活用できるようなファイル・システムを実現するということである。Microsoft会長のBill Gates氏は,「Longhornが成功するには,“あれどこだっけ?”と質問をするだけでLonghornが明快に回答できなければならない」と語っている。