PR

 セキュリティ・ベンダーのラックとマイクロソフトは7月29日,マイクロソフト製品のセキュリティ強化に向けて提携したことを発表した。提携の柱となるのは(1)セキュリティ情報の提供,(2)セキュリティ・ソリューションの提供,(3)セキュリティ・セミナーの共催の3つ。

 中でも(1)の情報提供面での協業が注目される。ラックと日本のマイクロソフトが直接セキュリティ情報を交換する体制を作った。ラックは同社の「コンピュータセキュリティ研究所」でセキュリティ情報の収集や攻撃手法の研究を行っており,実際にラックからの報告を受けて米Microsoftが製品にセキュリティ対策を施した例もある。ところが,Microsoftがこれら自社製品のセキュリティ情報収集のために設置した専門部隊「Microsoft Security Response Center(MSRC)」には,日本国内の窓口がなく,対応に時間が掛かっていた。今回の提携で,ラックは日本のマイクロソフトを通じてMSRCとコンタクトを取ることが可能になり,不正アクセス対策サービスなどでより迅速な情報提供ができるという。

 (2)は,マイクロソフトとラック双方の製品/サービスを組み合わせたソリューションの提供である。第1弾として,ラックのセキュリティ管理システム「SNSInspector」と,マイクロソフトが6月にリリースした修正プログラムの配布システム「Software Update Services(SUS)」とを組み合わせたソリューションの提供を予定している。さらに2002年秋には,第2弾としてセキュリティ・システムの運用に関するソリューションの提供も始める予定。

 (3)については現在のところ,2002年9月に経営者向けとシステム管理者/開発者向けの2種類の無償セミナーを共同で開催する計画がある。「マイクロソフトの知名度から,これまでラックの単独開催では関心を持ってもらえなかったユーザーにもセキュリティを啓もうしていける」(ラックの西本逸郎取締役)という。

(斉藤 国博=日経Windowsプロ)