トレンドマイクロは9月26日,クライアント・セキュリティ・ソフト「ウイルスバスター2003 リアルセキュリティ」を発表した。ファイアウオール機能を大幅に強化したことで,各種のネットワーク攻撃に対する防御機能を向上させた。

 従来,ウイルスバスターの「ファイアウオール」機能は「高/中/低」の3段階でセキュリティの強度を設定する簡単なものにとどまっていた。今回のバージョンアップでは,「インターネットアクセスコントロール」機能によって,IPアドレスやポート番号,送受信の方向などを指定したきめ細かなアクセス制御が可能になった。ただし,プログラムごとのアクセス制御機能はない。また,プログラムが外部にパケットを送出しようとするとダイアログを表示して警告する「パケットの自動検出機能」によって,不正なプログラムがプライバシ情報などを漏らすのを防ぎやすくなった。

 「無線LANセキュリティモード」と呼ぶ,新しい動作モードも追加した。駅やファスト・フード店など,不特定のユーザーに公開されている無線LANアクセス・サービスの利用に適したモードで,ファイル共有など不正アクセスのおそれがあるポートへのアクセスが遮断されるようになる。ボタンをクリックするだけでそれまでの動作モードと素早く切り替えが可能で,自宅のノート・パソコンを持ち出して利用するケースなどを想定した。

 このほか,ウイルスやワームが急激に広まる「アウトブレイク」現象が発生した際に,ポップアップ・ウインドウでユーザーに注意を促す「ウイルス緊急警告」機能や,ウイルス検出データを完全に自動で更新する「インテリジェントアップデートforブロードバンド」機能などを追加している。

 製品パッケージは1ライセンス版が8500円,2ライセンス版が1万2800円。インターネットからのダウンロード・サービスによる販売も行う。出荷開始は11月1日。

(斉藤 国博=日経Windowsプロ)