PR

 シマンテックはWindows Server 2003の出荷日が発表された5月15日,同サーバーOSに対応した企業向けウイルス対策ソフトの新バージョンを発表した。

 今回発表した新バージョンは,ファイル・サーバー並びにクライアント・マシン上で稼働するもの。ウイルス検知並びに削除を行う「Symantec AntiVirus Corporate Edition 8.1」と,この機能に加えてファイアウオールや侵入検知も統合した「Symantec Client Security 1.1」がある。同社の企業向けウイルス対策製品は,標準で付属する管理ツール「Symantec System Center」によって,社内で一元管理できる。例えば,各プログラムに最新のウイルス定義ファイルを適用したり,各マシン上で稼働するファイアウオールのポリシーを管理者が一元設定することなどである。

 Symantec Client Security 1.1のライセンス価格は1万4300円(10~24ライセンス時)から,Symantec AntiVirus Corporate Edition 8.1のライセンス価格は9500円(同)から。発売は6月下旬。

(中田 敦=日経Windowsプロ)