PR

 アップデートテクノロジーとデジタルアドバンテージは5月21日,Windowsプラットフォーム向けにセキュリティ情報を電子メールで配信するサービス「ホットフィックス・レポート」を発表した。購読料は1年間2万4000円。提供開始は8月1日。1購読当たり同一法人のメール・アカウントを5個まで登録できる。

 ホットフィックス・レポートは,重大なセキュリティ情報が公表されるごとに配信される「HotFix Alert」と,毎週1回配信される「HotFix Weekly」の2種類が提供される。HotFix Alertはマイクロソフトが公表したセキュリティ・ホールや修正プログラムの内容を解説するとともに,独自に修正プログラムを検証して,適用することでどのファイルが書き換えられるか,過去の修正プログラムに対する影響,適用に要する時間などの情報が提供される。HotFix Weeklyは,前の1週間に提供されたセキュリティ情報のまとめと,システム管理者に必要なセキュリティに関する知識やTIPSを掲載する。

 アップデートテクノロジーは,Windows用修正プログラムの配布/管理ツール「アップデートエキスパート」を発売するソフト・ベンダー。デジタルアドバンテージは,IT関連のコンテンツ・プロバイダである。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)