PR


 米Microsoftは米国時間6月3日,インターネット・セキュリティ技術/サービス・プロバイダの大手米VeriSignと,次世代のセキュリティ・ソリューションにおいて協業したことを発表した。米国ダラスで開催されているMicrosoftの最新技術カンファレンス「Tech・Ed 2003」の基調講演で明らかにしたもの。

 具体的なソリューションとしては,VeriSignのPKI(公開鍵基盤)サービスを利用して,Windows Server 2003プラットフォーム向けの電子認証基盤を提供する。2003年末にも開始できるよう準備を整えているという。これにより,Windows Server 2003を利用するエンドユーザーは,容易にセキュリティを確保できるようになる。

 MicrosoftのChief Security StrategistのScott Charney氏は,「私たちは市場に対して非常に大きな責任を持っている。次世代のセキュリティ・ソリューションも積極的に実行しなくてはならない。VeriSignとの提携で,安全なセキュリティ対策を顧客に届けることができる」と語った。

(小野 亮=日経Windowsプロ)