インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のグローバルメディアオンライン(GMO)は9月17日から「Windows SharePoint Services」をベースにしたホスティング・サービスの30日間無料試用サービスを開始した。登録受付期間は9月17日から10月中旬までで,同社のWebサイトから登録できる(該当サイト)。またWPC EXPO 2003の同社のブースでも登録を受け付ける。

 同社では2001年7月から,社内にサーバーや管理者を置くことができない小規模事業者や個人を主な対象として「SharePoint Team Services」をベースにしたグループウエアのホスティング・サービスを行っている。今回のサービスはこれに続くもの。Windows SharePoint ServicesはSharePoint Team Servicesの発展したもので,今秋発売予定の「Office Sysytem」と親和性が高く,また画像ライブラリなどの新機能が追加されている。

 今回の無料サービスは,Windows SharePoint Servicesの最新機能を手軽に試してもらうことを目的としている。なお,Windows SharePoint Servicesによるサービスの正式スタートは今秋の予定。

(新井 勝彦=日経Windowsプロ)