PR

 米Microsoftがどうして「Windows XP Service Pack 2(SP2)のリリースに時間かかる」としているのか,その理由が明らかになってきた。同社は次期バージョンのWindowsであるLonghorn(開発コード名)で採用する予定だったセキュリティ技術の一部を,Windows XP SP2に盛り込もうとしている。これにより,Windows XP SP2の開発が遅れているのだ。Windows XP SP2のセキュリティ水準は,デフォルトのWindows XPとLonghornの中間点に位置するようになるだろう。

 Windows XP SP2に搭載される新しいセキュリティ技術は「Springboard(跳ね板)」という開発コード名が付いており,改良されたインターネット接続ファイアウオール(ICF)が含まれている。新しいICFには,本来エンタープライズ向けのサーバー製品である「Internet Security & Acceleration(ISA) Server 2000」にしか搭載されていない「送信パケットのスキャン機能」が含まれる予定だ。

 Microsoftが夏の終わりに発表したWindows XP SP2のリリース・スケジュールは,非難の的となった。というのも同社は,これまで2003年内だと説明してきたWindows XP SP2の提供時期を,2004年上半期に変更するとこっそり公開したからだ。そもそもWindows XP SP1は,Windows XPの出荷から1年以内にリリースされており,多くのユーザーはこのスケジュールについて妥当なものだと考えていた。しかし,SP2のリリースが2004年上半期に遅れるとなると,SPのリリース間隔が18カ月に広がることになる。

 この長い期間には,数え切れないほどのセキュリティ・パッチや他のバク修正がMicrosoftからリリースされている。さらに,多くのユーザーが複数のアップデートを一括でインストールできるSPが登場するまで,ホットフィックスや他のアップデートの適用を控えているという現状もある。

 しかしながら,Windows XP SP2にSpringboardのセキュリティ技術が組み込まれるということは,提供までに非常に時間がかかることを意味する。Microsoftの関係者は筆者に対して,ベータ・テスターはもうすぐ新しいセキュリティ技術を搭載したSP2のベータ版を入手できるようになるだろう,と伝えている。これまでのベータ版には,これら新セキュリティ技術のコードは含まれていなかった。

 Springboardには,新しいファイアウオール機能(これはWindows XP SP2ではデフォルトで有効になる)に加えて,新バージョンのWindows Updateや,既知のバッファー・オーバーラン攻撃を防ぐ新しいメモリー管理コードが含まれる。Microsoftによれば,SpringboardはWindows Server 2003にも提供される予定で,Windows Server 2003の最初のSPに含まれるという。

(Paul Thurrott)