PR

 米Microsoftは10月22日,システム管理ソフト「Systems Management Server 2003」(SMS 2003,開発コード名Topaz)が製造段階(RTM:Release To Manufacturing)に入ったと発表した。製品の正式なリリースは,11月11日にデンマークのコペンハーゲンで開催する「IT Forum 2003」で発表する。米国での市場推定価格は1219ドル(10クライアント・アクセス・ライセンス付きの場合)から。既に,120日間の試用ができる評価版をWebサイトで提供している(該当サイト)。

 SMS 2003は旧版SMS 2.0と比べて(1)ソフトウエア配布機能の強化,(2)モバイルやワイヤレス環境に対応した管理機能の追加,(3)Active Directoryとの連携強化,(4)PDA(携帯情報端末)やPOS端末といったデバイスへの対応,(5)Windows XP/2003への対応――などの改善がされている。SMS 2003のベータ版が2003年9月に公開されており,「60カ所以上のシステムで使われて,25万台の機器を管理している」(同社)という。

 同社は現在,Windows Update,Software Update Services(SUS),SMSとバラバラになっているパッチ配布のソリューションを,2004年半ばまでに整理・連携させる計画だ。まず2003年内にWindows UpdateとOffice Updateを統合させたMicrosoft Update(開発コード)の提供を開始する。2004年半ばまでに,このMicrosoft Updateを利用するSUSの新版2.0と,SMS 2003の追加モジュールService Pack 1(SP1)を出荷開始する予定である。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)