日本IBMとマイクロソフトは11月28日「日本IBM Windows Serverポーティング・ラボ」を共同で開設,運用を開始した。基幹システムや大規模システムを対象としたWindows Server 2003向けアプリケーションの動作を確認するための施設で,東京・晴海のトリトンスクエアにある日本IBMのeServer Solution Mall for Windows内に設置する。

 この日本IBM Windows Serverポーティング・ラボでは,IBM社のPCサーバー上で動作するWindows Server 2003向けアプリケーションを検証する。ソフト・ベンダー各社が開発したアプリケーションについてWindows Server 2003上での機能や拡張性,可用性,信頼性などの検証を実施する。検証のためのサーバーとしては,ブレード型の「eServer BladeCenter」,32ビット機の「eServer xSeries 440/445」,Itanium 2を搭載した64ビット機の「eServer xSeries 450」,64ビット・プロセッサAMD Opteronを搭載した「eServer 325」などを用意する。8プロセッサや16プロセッサの構成といった大規模システム上での実際の動作が検証できる。

 利用できるサーバーOSはWindows Server 2003のDatacenter Edition/Enterprise Edition/Standard Editionの3種類。マイクロソフトからは,サーバー・アプリケーション設計ガイドなどが提供される。ここで動作を確認したアプリケーションに関しては,日本IBMとマイクロソフトが共同でWindows Server 2003認定ロゴ取得の準備ができるよう支援する。

(根本 浩之=日経Windowsプロ)