NECは1月5日,64ビット・サーバー「Express5800/1320Xd」がSAPの2階層SDベンチマーク・テストで,PCサーバー・ベースとしては最高の4030同時ユーザーを記録したと発表した。従来の記録は,同社が2003年10月に出した3850同時ユーザーだった。

 使用したマシンは,動作周波数1.5GHzで6Mバイトの3次キャッシュ・メモリーを備えたItanium 2を32個搭載する。ストレージは同社のSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)対応ディスク・アレイ「iStorage S2000シリーズ」。テストに使用したOSはWindows Server 2003,Datacenter Editionでデータベース・ソフトはSQL Server 2000 Enterprise Edition(64bit)。

 2階層SD(Sales and Distribution)は,独SAPの統合基幹業務(ERP)ソフト「SAP R/3」に含まれるオンライン・トランザクション系の販売管理アプリケーション。このSDによるベンチマークは,SAPシステム向けサーバーの代表的な性能評価指標になっている。テストでは,システムに同時アクセスする処理を繰り返しながら平均2秒以内のレスポンスが維持・継続されるユーザー数を測定する。2階層とは,1台のサーバーがアプリケーション・サーバーとデータベース・サーバーの2役を担う構成を指す。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)