PR

 マイクロソフトは1月19日,同社のOffice製品に関する新しいライセンス制度「Microsoft Open License Express」を発表した。これはPCベンダーに対するライセンス制度であり,PCベンダーはMicrosoft Officeの「Professional Enterprise Edition 2003」と「Standard Edition 2003」をプリインストールしたPCを販売できるようになった。

 従来のライセンス制度では,PCベンダーは「Microsoft Office Personal Edition 2003」(Word/Excel/Outlook)をPCにプリインストールすることしかできなかった。今後は,PowerPointが含まれるStandard Editionや,PowerPoint,Publisher,InfoPathが含まれるProfessional Enterprise Editionをプリインストールできるようになる。なお,パッケージ版で販売されている「Professional Edition」(Accessなどが含まれる)は,Open License Express制度の対象ではないため,PCにはプリインストールできない。

 日本のPCベンダーでは,エプソンダイレクトが1月20日にStandard EditionやProfessional Enterprise EditionをプリインストールしたPCを発売する予定である。

(中田 敦=日経Windowsプロ)