米Microsoftは3月1日(米国時間),米インターネット・オークション・サイトeBayとの提携を明らかにした。この提携により,ユーザーはMicrosoft OfficeのExcel 2003やFrontPage 2003を介してeBayのデータにアクセスできるようになる。開発者はXMLベースの新しいAPIを使って,eBayの顧客がOfficeアプリケーションでオークションの取引を管理できるカスタマイズ・ツールを簡単に作成できる。

 FrontPage 2003用のWebパッケージを使うと,Web開発者は豊富なソート機能やフィルタリング機能を利用してeBayのオークションやその他のデータに自動リンクするカスタムWebサイトを構築できる。Excel 2003ユーザーには,MicrosoftとeBayが多数のツールを提供する予定だ。出品ステージング・コンポーネント,オークション・リストの大量アップロード機能,過去の取引をレビューする機能,進行中のオークションのライブ・データ分析などが含まれる。

 MicrosoftのOffice Systemプロダクト・マネジメント・ディレクタであるGytis Barzdukas氏は,「eBayのユーザーがオークションを一層楽しめるよう,Microsoftは開発者にツールを提供する。Excel 2003とFrontPage 2003を組み合わせれば,開発者はユーザーにパワフルな分析ツールを提供可能だ。出品商品と落札商品をリアルタイムに分析したり,洗練された動的なWebサイトを構築したりできる。eBayとMicrosoft Office Systemの組み合わせは強力だ」と話す。

 これらのツールやサンプル・コードに興味がある開発者は,eBay Developers ProgramのWebサイトを参照してもらいたい。

(Paul Thurrott)