PR

 マイクロソフトは3月10日,3月の新しいセキュリティ情報を発表した。この中で深刻度が「重要」と判断されたのは,Outlook 2002 Service Pack 2のぜい弱性と,Windows Mediaサービス4.1のぜい弱性の2つ。他は深刻度が「警告」のものが2つ。

 Outlook 2002のぜい弱性は,Internet ExplorerなどでWebページにアクセスしたときに,ローカル・コンピュータ・ゾーンでスクリプトを実行されるもの。対象となるアプリケーションはOutlook 2002 Service Pack 2と,これを含むOffice XP Service Pack 2だけ。Windows Mediaサービス4.1のぜい弱性は,2003年に発表されたものの更新情報。

編集部注:同社は3月11日,Outlook の脆弱性に関する「MS04-009」のセキュリティ情報の深刻度を「重要」から「緊急」に引き上げた。

 3月のセキュリティ情報は以下の4つである。
●緊急 Outlook の脆弱性により、コードが実行される (828040) (MS04-009)
●重要 Windows Media サービスの ISAPI エクステンションの問題により、コードが実行される (822343) (MS03-022)
●警告 Windows Media サービスの脆弱性により、サービス拒否が起こる (832359) (MS04-008)
●警告 MSN Messenger の脆弱性により、情報が漏えいする (838512) (MS04-010)

(木下篤芳=日経Windowsプロ)