伝えられるところによれば,Microsoftは4月に,売り上げ増を狙って,ビデオ・ゲーム機「Xbox」を180ドルから150ドルへ値下げするそうだ。これは,99ドルで販売されているライバルの任天堂「GameCube」に対する優位を維持するためだ。

 ゲーム用ハードウエアの現行世代では大幅なリードを保つ「PlayStation 2」の価格設定を,市場のリーダーであるソニーが同様に値下げすることを期待したいところだ。3社とも5月に開催される重要なショウ「E3」向けに準備をしている。ただし,Microsoftは,「Xbox Next」(開発コード名)と呼ばれるXboxの次世代機の詳細は公開しないと思われる。

(Paul Thurrott)