米Apple Computer社は3月25日,米国外でのiPod miniの出荷を当初予定の4月から7月に延期すると発表した。必要とするミニチュア・サイズのハードディスクを十分な数量確保できないためだという。

 同社は米国で2月にiPod miniをリリースしたが,実際にはほんの限られた数の機器だけが,製造できたというその「ソフトなロールアウト」は課題が多いと感じた。

 いずれにせよAppleはiPod miniについて10万台もの予約を受注したと宣伝している。その数字が変わったのか,またはその予約分が実際に販売されたのかどうかははっきりしないが,同社が製品を発表して,約束していた出荷スケジュールに間に合わなかったのはよくあることで,今回の一件もまた1つの例に過ぎない。以前にはPowerMac G4の時に,実際の販売数が約束を下回ったことで株主に訴えられたことがある。

(Paul Thurrott)