PR

 米Microsoftが2004年後半から2005年にかけて出荷する製品の名称を続々と決定している。このほど,データベース管理システムSQL Serverの次期バージョンや開発ツールVisual Studioの次期バージョン,仮想サーバー・ソフトの新製品「Virtual Server」について,それぞれ「2005」の年号を付けたものになることが明らかになった。

 開発コード名「Yukon」で呼ばれてきたSQL Server次期バージョンと,開発コード名が「Whidbey」であるVisual Studio .NETの次期バージョンは,これまで2004年の出荷が期待されており,製品名も「2004」になると考えられていた。しかしMicrosoftは3月に,両製品の出荷が2005年になることを明らかにしており,製品名もそれに合わせて2005を付けたものになった。SQL Server 2000の次期バージョンは「SQL Server 2005」に,Visual Studio .NET 2003の次期バージョンは「.NET」がとれて「Visual Studio 2005」になる。

 「2005」の年号は2004年後半に出荷が見込まれる製品にも採用される傾向がある。現在ベータ版を公開中のVirtual Serverは,2004年下半期の出荷が期待されているが,製品名は「Virtual Server 2005」になる。従来「Microsoft Operations Manager 2004」とアナウンスしていたシステム管理ソフトの新製品も出荷は2004年下半期だが「Microsoft Operations Manager 2005」に改められた。

(中田 敦=日経Windowsプロ)