PR

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は4月22日,米Advanced Micro Devices(AMD)製64ビットCPUのOpteronを搭載するPCサーバー2製品を発表した。同CPUを採用する大手サーバー・メーカーは日本IBM,サン・マイクロシステムズに続いて3社目(既報)。既にHPは,Intelの64ビット・プロセッサItaniumを採用した64ビット・サーバーを出荷しているが,AMD製プロセッサを搭載したサーバー機はそれより低価格である。

 「ProLiant DL145」は,高さ1U(約44mm)の薄型ラックマウント・タイプで,Webサーバーのフロントエンドなどでの使用を想定している。CPUはOpteron 200シリーズで,最大2個搭載できる。価格は14万9100円からで出荷開始は5月中旬。管理ソフトを省く,サポート期間を短くする,電源ユニットを1つしか搭載しないなどで価格を抑えた。「同 DL585」は最大4個のCPUと64Gバイトのメモリーを搭載可能で,基幹システムやデータベース・システムなどに利用できる中位機。CPUとしてOpteron 800シリーズを採用し,標準で2個搭載する。価格は126万円からで出荷開始は6月上旬。搭載するCPUの動作周波数の違いにより,それぞれ3モデルがある。

 OpteronはAMDが開発した「AMD64」アーキテクチャを採用するサーバー向けCPU。AMD64では,既存のIA-32プロセッサ向けに開発された32ビット・コードのOSやアプリケーションがそのまま動作する。また,専用の64ビットOS上で既存の32ビットまたは新たに開発される64ビット・アプリケーションを動作させられる。米IntelもAMD64と互換性のあるアーキテクチャ「Intel Extended Memory 64 Technology」を発表しており,これを実装するXeonを2004年第2四半期に出荷する予定。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)