PR

 マイクロソフトは5月25日,セキュリティ検査ツール「Microsoft Baseline Security Analyzer 1.2 日本語版」(MBSA 1.2 日本語版)の提供を正式に開始した。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる(該当サイト)。MBSA 1.2 日本語版は1月20日から提供開始していたが,検査時に利用する修正プログラムの情報を含む「更新プログラム・データベース」がベータ版だったため評価目的の「日本語早期提供版」という形で提供していた(既報)。プログラム自体に変更はないので,既に1.2を利用しているユーザーは,更新プログラム・データベースを更新するだけでよい。

 MBSAは,ローカル・コンピュータおよびLAN上のマシン対して,OSやマイクロソフト製アプリケーションに修正プログラムが適用されているか,各種設定がぜい弱になっていないかなどを調べるツール。今回正式に提供開始された1.2はWindows 2000/XP/2003上で稼働し,Windows NT 4.0/2000/XP/2003やInternet Information Server/Services(IIS),SQL Server,Internet Explorer (IE) およびOffice(ローカル・マシンのみ)などのチェックができる。同時に,現行バージョンであるMBSA 1.1.1用のデータベースの提供を2004年7月14日で終了すると発表した。該当ユーザーは,1.2へ移行する必要がある。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ)