マイクロソフトは5月27日,「Office System」の製品群に電子名刺管理ソフトの「InterConnect 2004」を追加すると発表した。日本法人が独自に投入する製品で,2004年第3四半期に発売する予定。価格は未定。

 InterConnect 2004は,OutlookやOutlook Expressを利用するユーザー同士が「電子名刺」を交換するためのソフト。電子名刺はマイクロソフトによる独自形式のもので(vCardとは別のもの),他のユーザーとは電子メールのOutlookまたはOutlook Expressを使ってやりとりする。電子名刺には,住所や電子メール・アドレスといった文字情報のほか,名刺を模した画像データや顔写真などを記録できる。

 InterConnect 2004を使って既存の名刺管理ソフトのデータを独自の電子名刺形式に変換することも可能。電子名刺のデータは,基本的にはOutlookやOutlook Expressの「連絡先」(アドレス帳)に保存され,Outlookの連絡先に収まらない独自のデータは,InterConnect 2004が別に保存する。既に電子名刺をもらっている他のユーザーから,新しい電子名刺をもらうと,電子名刺のデータベースも自動的に更新される。

 なおInterConnect 2004が対応するのはOutlook 2003だけで,Outlook 2000/XP,Outlook Expressのユーザーは,機能限定版である「InterConnect Lite」という無償ソフトを利用する。

(中田 敦=日経Windowsプロ