既に報告した通り,2004年5月末に米国San Diegoで開催されたTech・Ed 2004の会場では,Visual Studio 2005の新しいTechnology Preview版が配布された(MSDN会員はMSDN Subscriber DownloadsのWebサイトからダウンロード可能)。これには設計ツールが統合されているのは既報の通りだが,分散アプリケーション全体のモデリング機能だけでなく,クラスのモデリング機能も実装されている。


△ 図をクリックすると拡大されます
図1●Visual Studio 2005 Technology Preview 2004年5月版のクラス・モデリング機能

△ 図をクリックすると拡大されます
図2●クラスのテスト機能

 クラスのモデリング機能は,ソリューション・エクスプローラから「Class Diagram」アイテムをプロジェクトに追加することで利用可能になる(図1)。新たにクラスを設計するときには,このダイアグラム上にクラスを追加し,その中にメソッドやプロパティなどの要素を作っていく。既存のクラスをソリューション・エクスプローラからダイアグラム上にドロップすれば,そのクラスがモデル化される。派生関係も一目で分かるし,クラスにメソッドなどを追加するのも簡単にできる。もちろん,モデル図上で追加したメソッドなどは,ソース・コードに反映される。

 このままテストも可能だ。クラスを右クリックすると表示されるコンテキスト・メニューに「Create Instance」メニューが用意されている。これを選ぶと,標準でVisual Studio 2005の画面下端にあるObject Test Benchにインスタンスが作られる。このインスタンスを使って,クラスに実装されているメソッドを実際に呼び出すこともできる(図2)。ブレーク・ポイントを設定しておけば,そこで実行が中断し,ソース編集画面にジャンプする。変数のウォッチなども可能だ。

 今までのVisual Studio .NETにはこのような設計支援機能が実装されていなかった。次バージョンのVisual Studio 2005ならば,より複雑で大規模なアプリケーションも,より容易に開発できるようになるだろう。

(山口 哲弘=日経Windowsプロ