PR

 Microsoftは最近,静かにボリューム・ライセンシング・プログラムを改訂し,ソフトウエア・アシュアランス(SA)の顧客に有利な内容にした。SAの顧客は,障害対策用にフェイル・オーバー構成のシステムを構築するとき,Windows Server 2003のライセンスを節約できる場合がある。

 これまでフェイル・オーバー用に複数のマシンで構成するシステムを構築する場合,実際に動作させるかどうかにかかわらず,全マシンのライセンスを購入する必要があるとされていた。今後は,通常電源が入っていないバックアップ動作用のマシンが「コールド」と定義され,そのマシンのライセンスが不要になる。しかし,「ウォーム」(フェイル・オーバー用だが常に電源が入っているマシン)と「ホット」(実際に運用しているサーバー)のマシンには依然としてライセンスが必要だとしている。

(Paul Thurrott)