PR

 ネットワールドと米Shavlik Technologiesは6月16日,Shavlikのパッチ(修正プログラム)適用ツール「HFNetChkPro4」を日本語化して販売すると発表した。販売開始は6月16日,出荷開始は7月20日。価格は100システムで34万6500円。

 Shavlikは,Microsoftのパッチ適用検査ツール「Microsoft Baseline Security Analyzer V1.2(MBSA 1.2)」の開発会社で,HFNetChkPro4はMicrosoftのパッチ適用ソリューションとの親和性と拡張性を売り物にしている。

 今回発表されたHFNetChkPro4日本語版は,管理対象のマシンにエージェント・ソフトを常駐させる必要がなく(エージェントレス),直接マシンを検査できる。検査に当たってはMicrosoftやShavlikのインターネット上のデータベースと照合し,最新のパッチをダウンロードして,プッシュ型でマシンにインストールを行う。さらにパッチ適用後にアンインストールも可能。

 MicrosoftのMBSAと「Windows Update Services(WUS)」(旧名SUS2.0)の組み合わせに比べて,システム管理者側から強制的に自動的にパッチを適用できる。また,Microsoft Systems Management Server 2003に比べて,サポートするアプリケーションの範囲が広いなどの特徴がある。

(木下 篤芳=日経Windowsプロ