PR

 Microsoftは,米国時間の7月27日,「Office 2003 Service Pack 1(SP1)」の提供を開始した。Office 2003にまとまった修正を施す最初のサービス・パックになる。適用すると,製品の出荷時点から見つかったバグとセキュリティ・ホールが修正される。Office InfoPath 2003とOffice OneNote 2003については,バージョンアップに相当する変更がある。MicrosoftのWebサイトからダウンロードできる(訳注:日本語版が入手可能です)。

 今回のSP1では,XMLオーサリング・ツールのOffice InfoPathが大幅に改良されている。これはOfficeアプリケーションと統合された開発者向けのツールである。デジタル署名,電子メール・ベースのフォーム送信,Tablet PCのサポートなどが強化された。デジタル・ノート作成ツールOffice OneNoteはより大幅に改良されている。ベータ版を使用した範囲では,実質的にバージョン2.0になったと感じるほど非常に多くの改良がある。

 Office 2003 SP1には,ほかにもいくつかの変更がある。Office Outlook 2003では迷惑メール・フィルタが強化された。Office Access 2003では,新しくConversion Toolkitが提供され,既存のAccessデータベースを新しいフォーマットに変換できる。

 Office 2003で特筆すべきことがある。Office 2003はセキュリティ・ホールやバグが延々と発見されることがない点だ。同社によると,Officeに搭載されてきたエラー報告ツールにより,よく生じる問題の対応に開発者が専念できたためという。

(Paul Thurrott)