PR

 マイクロソフトは1月17日,システム管理者向けの情報サービス「TechNet Plusサブスクリプション」の内容を3月から変更すると発表した。TechNet Plusサブスクリプションは1年単位で契約するサービスで,システム評価用のソフトウエアやセキュリティ更新プログラム,サポート技術情報などが収録されたCD-ROMが毎月送られてくる。従来のTechNet Plusで提供される評価用ソフトウエアは120日間などの期間が限定されたバージョンだったが,3月以降は有効期間が無制限のものが提供されることになった。

 システム管理者がこれまでマイクロソフト製品を事前評価するには,TechNetなどで入手した期間限定版を使ったり,より高額な「MSDNサブスクリプション」を購入したりするという選択肢があった。今回,TechNet Plusサブスクリプションで有効期間無制限のソフトが提供されることで,TechNet Plusを契約しているユーザーでも,ほとんどの製品について期間を気にせずより実用的な製品評価が可能になる。また,これまでのTechNet Plusサブスクリプションにはなかったテクニカル・サポートのインシデントも2つ付属する。

 日本でのサービス内容や価格は未定。米国では下記にリストしたソフトの評価版が提供される予定。米国での価格は,シングル・ユーザー・ライセンス(TechNet Plusサブスクリプションを1人が利用できるライセンス)が799ドル,シングル・サーバー・ライセンス(ネットワーク経由で複数のユーザーが利用できるライセンス。サーバー・プロセッサごとに1ライセンスが必要)が1269ドル。

・米国版のTechNet Plusで提供される評価版ソフトウエア

Windows XP Professional
Windows Server 2003
Virtual PC 2004
SQL Server 2000
Small Business Server 2003
SQL Server 2000 Reporting Services
Exchange Server 2003
Commerce Server 2002
Host Integration Server 2004
Identity Integration Server 2003, Enterprise Edition
Application Center 2000
Internet Security and Acceleration (ISA) Server 2004
SharePoint Portal Server 2003
Content Management Server 2002
Systems Management Server 2003
Operations Manager 2005
Speech Server 2004
Office Live Communications Server 2005
Windows Services for Unix 3.5
BizTalk Server 2004
Office Professional Enterprise Edition 2003
FrontPage 2003
InfoPath 2003
OneNote 2003
Project Professional 2003
Project Server 2003
Visio Professional 2003
CRM 1.2
CRM Server
Business Network Professional 1.0
Business Portal 2.0
Small Business Manager 7.5
Great Plains 7.5 with FRx Financial Reporter 6.5 for Great Plains and Forecaster 6.7
Solomon 5.5 with FRx Financial Reporter 6.5 for Solomon and Forecaster 6.7

(中田 敦=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら