PR

 マイクロソフトは2月4日,4日後(米国時間2月8日)に予定している月例のセキュリティ修正リリースの予定を明らかにした(該当サイト)。この中には最大深刻度が「緊急」であるWindowsのセキュリティ修正が含まれる。セキュリティ修正のリリースは,日本時間で2月9日の未明になると思われる。

 マイクロソフトによれば,2月8日にリリースされるセキュリティ修正は,Windowsに関するものが9件(緊急,再起動が必要),SharePoint ServicesおよびMS Officeに関するものが1件(重要),.NET Frameworkに関するものが1件(重要,再起動が必要),OfficeおよびVisual Studioに関するものが1件(緊急,再起動が必要),Windows MediaPlayerとMSN Messengerに影響を及ぼすものが1件(緊急,再起動が必要)である。

 これだけの数の緊急セキュリティ修正が提供されるのは,最近では珍しい。また,SharePoint Servicesのような,サーバーに直接接続するクライアントの多いサーバー・アプリケーションにとって,重要のセキュリティ修正は特に注意が必要である。

(中田 敦=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら