PR

 EMCジャパンは2月16日,中堅・中小企業向けのストレージ装置にてこ入れするため,iSCSI(Internet SCSI)対応ネットワーク・ストレージ装置と,Windows Storage Server 2003搭載のNAS(ネットワーク・アタッチト・ストレージ)装置を発表した。同時に低価格製品の販売パートナとして,ネットワールドとの提携も発表した。

 今回発表されたiSCSI対応製品は「EMC CLARiX AX100i」「同CX300i」「同CX500i」の3モデル。いずれもこれまでFC(ファイバ・チャネル)接続のネットワーク・ストレージとして販売してきたモデルを,iSCSI対応にしたものである。同AX100iは最小構成で80万円(ギガビット・ポート×1,500Gバイト)という低価格製品。とはいえ,最大で2個のギガビット・ポート,3Tバイトの物理ディスクを搭載可能であるほか,スナップ・ショット機能がiSCSI環境でも利用可能になっている。同CX300iは,最大4個のギガビット・ポート,17Tバイトの物理ディスクを搭載可能で,価格は250万円(365Gバイト)から。CX500iは,最大4個のギガビット・ポート,35Tバイトの物理ディスクが搭載可能で,価格は690万円(365Gバイト)から。

 同時に発表されたNAS装置は「NetWin110 NASゲートウエイ」という1モデルのみ。NetWin110を「CLARiXシリーズ」へのゲートウエイ製品(NASヘッド)として配置することで,CLARiXをファイル・サーバーとしてアクセスできるようになる。NetWin110とCLARiXシリーズと組み合わせた場合の最大容量は35Tバイト。価格は79万5000円から。

 AX100iならびにNetWin110は,従来からの販売代理店であるシーティーシー・エスピーに加えて,ネットワールドも販売する。「中堅・中小企業向けの販路としては,Dell|EMCブランドで協業するデルがある。しかし,それだけではまだまだ足りない」(西澤伸樹コマーシャル・ビジネス事業部マーケティング本部長)。ネットワールドは,EMCが買収した「VMware」や「Legato」のソフトウエアの代理店であるほか,バックアップ・ソフトの販売に強い。従って,今回の提携でソフトとハードの相乗効果も得られるという。

 なお,EMCジャパンは記者発表会で,Windows 2000 ServerとAX100iを使った「iSCSI環境におけるLANフリー・バックアップ」という珍しいデモを実施した。一般に,FCのSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)環境において,あるボリュームのスナップ・ショットを別のバックアップ専用マシンでマウントし,テープなどにバックアップすることをインフラのLANを経由しないため「LANフリー・バックアップ」と呼ぶ。今回EMCジャパンは,FCのSANの代わりにiSCSIを使ってLANフリー・バックアップを実行した。

(中田 敦=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら