PR

 米Microsoftがスパイウエア対策ソフト「Windows AntiSpyware」のベータ1版を公開して1カ月がたったが,同社はこのほどWebサイト上でベータ2版をリリースした(該当サイト)。

 ベータ1版のリリース以来,Microsoftはこの製品のライセンスや価格に関するユーザーの懸念に対して,回答しはじめている。今週「RSA Conference 2005」では,MicrosoftのBill Gates会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクチャが,Windows AntiSpywareをWindows XP Service Pack 2(SP2)を使うコンシューマに無償で提供することを明らかにしている。

 Gates会長はRSA Conference 2005の基調講演でこう語った。「Windows AntiSpywareは,3つの機能によってユーザーを守ります。スパイウエアを発見して削除する機能,インターネット・ブラウジングの安全性を向上させる機能,最新の脅威をストップする機能です。Windows AntiSpywareはさらにリアルタイム・プロテクションによって,ブラウジングを安全にします。リアルタイム・プロテクションとは,バックグラウンドで常時稼働して,スパイウエアが入ってこようとするのを監視する機能です」。

 Windows AntiSpywareの新しいベータ版には,ユーザーからのフィードバックに基づいたいくつかの機能強化が含まれているという。特に,同社はリアルタイム・プロテクション・エージェントを強化したほか,脅威に関する新しい分類を追加し,製品の安定性や性能を改善させている。もし,ベータ1版を使っているのなら,既にベータ2版にアップデート可能である。クリーン・インストールを再度実行するのもいいだろう。

(Paul Thurrott)

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら