PR

 マイクロソフトは3月15日,Windows XPの不正コピーを防止する「Windows Genuine Advantage Program」(WGAプログラム)の試験運用を開始したと発表した。「Genuine」は,「本物の」「正真正銘の」といった意味がある。

 WGAプログラムでは,Windows XPの正規ユーザーに対して,付加価値のあるソフトを新たに無償提供する。このソフトをダウンロードする時に,ユーザーのWindows XPが正規品かどうかを認証する。マイクロソフトは,正規品を購入することのメリットを訴えて,不正コピーの防止を狙う。

 マイクロソフトのジェイ・ジェミソンWindows本部長(写真)は,海賊版の撲滅には「ソフトの偽造予防に投資する方法と,正規ユーザーに今まで以上の価値を提供する方法がある。日本は偽造コピーがまだ少ないので,後者の施策に可能性がある」と説明する。

 現時点で,WGAプログラムによって提供される追加ソフトは,「Photo Story 3 for Windows」「Office OneNote 2003 180日間限定評価版」の2種類。4月からはLZH形式ファイルの解凍ツールも追加される。提供されるソフトは,今後も増やしていく予定。

 ユーザーは,マイクロソフトのダウンロード・センターから上記のプログラムをダウンロードするときに,画面の指示に従ってActiveXコントロールをダウンロードし,Windows XPが正規品かどうかの認証を受ける。プリインストールされているOEM版のWindows XPの場合,認証時にプロダクトIDの入力が必要。プロダクトIDを紛失したときは,パソコンのメーカー名,購入国名,販売店名を入力して,認証を受ける。

 今のところ,WGAプログラムは試験運用期間であるため,認証を受けない場合や,認証に失敗した場合でも提供されるソフトのダウンロードは可能。ただし,2005年後半に予定されている本格運用へ移行した後は,Windows Updateサイトやダウンロード・センターからダウンロードするときに,必ず認証が必要になる。WGAの認証を一度受ければ,キーがハードディスクに格納され,以降の認証は不要である。なお,Windowsの自動更新機能でダウンロードするソフトは,本格運用の開始後も認証なしでダウンロードできる。

(坂口 裕一=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら