PR

 現在アナリストたちは,Windows XPにWinFSが実装されるといううわさに悩んでいる。これが次期版Windows「Longhorn」(開発コード名)の価値を引き下げるかもしれないという。ばかな話だ。アナリストたちは,1年半前のPDC 2003で発表された,AvalonとIndigoなど「Longhornの3つの柱」が,Microsoftの次世代OSの開発者向けの基礎部分に過ぎないことを,理解していないのである。

 これらはユーザーが直接利用する新機能ではない。たとえWindows XPとWindows Server 2003の両方,またはどちらかに搭載されても,単に開発者たちがそれらの技術をより早く採用する傾向が強まるという意味しかない。そういったものをLonghornだけの技術にしておくよりも,潜在的な市場の大きさがより広がるはずだからだ。

 エンドユーザーから見えるLonghornの新機能(Fast SearchやAeroユーザー・インターフェース,より使いやすくなったエンド・ツー・エンドのデジタル・マルチメディア・ソリューションなど)が,Windows XPに搭載されることは決してないと思う。Longhornにはほかにももっと多くの新機能があり,他と違った,活力のある,エキサイティングで,すべてのWindowsユーザーが待望するメジャー・アップグレードになるはずだ。

(Paul Thurrott)


【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら