PR

 日本IBMは3月30日,Intel Extended Memory 64 Technology(EM64T)対応のCPU「Xeon MP」を最大4個搭載可能なPCサーバー「xSeries366」(写真)を発表した。同時に,このXeon MPを採用する32CPU搭載機を2005年第2四半期に発表すると表明した。EM64T対応のXeon MPは同日,インテルが発表した64ビット対応のCPUである(既報)。いずれのマシンにも,日本IBMが自社開発したチップ・セット「XA-64e」(開発コード名Hurricane)を使用する。

 xSeries366は,高さ3U(1Uは約44mm)のラックマウント型サーバー。CPUに動作周波数が3.16GHzまたは3.66GHz動作のXeon MPを採用する。メイン・メモリーは32Gバイトまで,ハードディスクは6台まで搭載できる。価格は98万円(税別)から。

 インテルがCPUと同時発表したチップ・セット「E8500」は,8個までのCPUにしか対応しない。8個より多いCPUをマシンに搭載する場合は,現時点ではチップ・セットを独自に開発する必要がある。IBMは,XA-64e関連の開発に「100億円以上の投資」をしたという。NEC,日本ヒューレット・パッカード,日本ユニシス,富士通などの大手PCサーバー・ベンダーは,16または32個のItanium 2を搭載するサーバーを出荷中または発表予定で,EM64T採用の大型機を開発する可能性は低い。EM64Tの大型機を手がけるのは,日本IBMだけになりそうだ。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら