PR

 中国のPCメーカー聯想集団(Lenovo)は5月1日,米IBMのPC事業を引き継ぐ米Lenovoを設立したと発表した。日本法人のレノボ・ジャパンは4月28日に設立,5月2日から営業を開始する。レノボ・ジャパンの本社は,東京六本木の日本IBM内にある。

 IBMは2004年12月7日,聯想集団へのPC事業売却を発表した。新会社はPC出荷台数で米Dell,米Hewlett-Packardに続く第3位のメーカーになる。米LenovoはノートPC「ThinkPad」やデスクトップPC「ThinkCenter」などのブランドを利用してPC事業を展開していく。また,今後5年間はIBMブランドも使用できる。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら