PR

 米Microsoftは6月21日(米国時間),Windows Server 2003で「自動更新」機能を有効にしている場合でも,Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)だけ適用されないようにするツールを公開した(該当サイト)。Windows Server 2003 SP1は7月26日から自動更新機能経由で提供される。このツールを実行したコンピュータでは2006年3月30日まで自動更新やWindows Update/Microsoft UpdateでWindows Server 2003 SP1が適用されなくなる。

 公開されている圧縮ファイルを展開すると「SPBlockingTool.exe」という実行ファイルが作成される。この実行ファイルを「/B」オプション付きで実行すると,レジストリ・キー「HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate」に,「DoNotAllowSP」という名前の値が作成され,値のデータが「1」になる。この値がWindows Server 2003 SP1をブロックするかどうか区別している。もしブロック設定をキャンセルしたい場合は,ツールを「/U」オプション付きで実行するか,値そのものを削除すればよい。

 公開されている圧縮ファイルの中には,リモートからツールを実行するためのスクリプトや,グループ・ポリシー経由でブロック設定を適用するためのADMファイルなども含まれている。

(中田 敦=日経Windowsプロ

【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら