PR

 米Microsoftは先週,未登録のドメイン名からの電子メールを,スパムとしてマーキングすることによって,「MSN Hotmail」経由で送られるスパムと戦っていることを明らかにした。マーキングされるのを避けるには,電子メール・サービス・プロバイダがMicrosoftのスパム対策技術である「Sender ID」を採用する必要がある,と同社は説明している。

 今このときにも,世界中に送られた電子メールの25%は,Sender IDのスキーマを処理するために正しくマーク付けされている。それはスパマーが電子メール・アドレスを偽装して,連中の正体を隠すことをより難しくするものだ。われわれがMicrosoftのSender ID技術の相対的な長所を討論しようとしている間に,実際にだれかがスパムに対して立ち向かっているというのはとてもうれしく思う。 立ち上がる時がきた。

(Paul Thurrott)



【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら