PR

 米Microsoftと東芝は6月27日,両社が4月下旬に締結した特許クロスライセンス契約に基づく協業の詳細を発表した。両社は,Windows CEをベースにした次世代DVD(HD DVD)プレーヤ,HD DVDにインタラクティブ機能を追加した仕様である「iHD」,Windowsの次期バージョン「Longhorn」(開発コード名)を採用したノート・パソコンなどの分野で,共同開発を行う。

 両社は4月下旬に,コンピュータとデジタル家電分野において特許クロスライセンス契約を締結している。今回の発表は,このクロスライセンス契約に基づく具体的な協業内容を明らかにしたもの。東芝の西田厚聡社長は,「この協業は,HD DVDの拡張性と将来性にとって意義のある取り組みである」と述べた。HD DVDプレーヤの開発にWindows CEを採用することによって,開発期間の短縮や開発コストの削減が見込めるという。

 MicrosoftのBill Gates会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクトは,発表会の冒頭で東芝の西田社長の新社長・CEO就任を祝福するコメントを述べた。東芝の西田社長はパソコン事業の責任者を長らく務めており,両者の関係の深さをアピールした。

 東芝は,Tablet PCやMedia Center PCなどMicrosoftの新しい取り組みを積極的に支持して,それらを採用したモデルを早期に投入しているベンダーの1つである。今後,Longhorn時代のパソコンの開発でも,両社は密接な関係を維持し,「パソコンの利用シーンを拡大し,新しい市場ジャンルを作るような“ブレークスルー・モバイルPC”を作る」(東芝の西田社長)と述べている。

(中田 敦=日経Windowsプロ


【IT Pro-Windows Reviewメール】を好評配信中。申し込みはこちら