グーグルは7月14日,「Googleローカル」と「Googleマップ」の2つのサービスを日本のユーザー向けに提供開始した。いずれも必要なのはWebブラウザだけで,無償で利用できる。

 Googleローカルは,「キーワード」と「場所」の2つを入力することで,該当する店や会社などを表示するサービス。同社の検索技術を使い,検索キーワードに該当するビジネスやサービスなどの情報を,ユーザーが指定した地域に絞って表示する。

 Googleマップは,拡大や縮小が簡単でドラッグするだけで見ている場所を変えられる地図表示サービス。グラフィックスと衛星から撮影した写真の2つの方法で閲覧できる。Googleローカルと連動して,検索した店や会社の場所を簡単に表示できる。

(茂木 龍太=日経Windowsプロ